• 五三の桐紋は、500年のたむらの歴史の中で代々受け継がれてきた家紋です。桐は鳳凰が親しむ樹木とも言われ、高貴な木とされてきました。
    その桐の名を冠した懐石は、高質なゆとりとくつろぎを選ばれたお客様へのお献立。
    はしり・旬・名残りの季節を目で楽しみ、舌で味わう。
    峯田が心を込めて吟味した四季折々の恵みを、五感で楽しんでいただけるよう、あくまでも手作りにこだわったお料理に仕立てました。
    自然の景色もごちそうのひとつ。出来立てをできるだけ早く。料亭〈山桜〉の個室にてお召し上がりいただきます。

  • 四万たむらは、たむらの森に生き続け、めぐる季節に華やぐ山桜の花に思いを込めてつくられました。
    たむらの心を伝える山桜懐石は、天然の自然につつまれる四季の楽しみを選ばれたお客様へのお献立。
    時季のものを美味しく食べたい。素直な心で季節を楽しむ。
    はしり・旬・名残りの季節の食材を選び、随所に季節の細工を施したお料理を、料亭〈山桜〉の個室にてご用意いたします。

  • 金涌館は、12代田村茂三郎が建て、湯治に訪れていた書家中村不折が命名、13代茂三郎が、四万初めての鉄筋コンクリートの建物として造り替えました。
    峯田の料理のエッセンスを感じつつ、気軽に楽しめる華会席は、昭和の歴史を選ばれたお客さまへのお献立。
    賽陵館のお食事処〈花みずき〉にて、お客様の語らいの時間をお楽しみいただけるようご用意いたします。

群馬県産コシヒカリを、たむらの源泉に一晩じっくり浸し炊き上げた、月替わりの源泉粥。
そしてそのお粥を美味しく召し上がっていただけるよう、工夫を凝らしたおばんざいの数々。
ご自分でアレンジしたご朝食を、自由に楽しんでいただく空間をご用意いたしております。

たむら自慢の月替わりの源泉粥を、群馬や吾妻と手作りにこだわった、季節の食材で召し上がっていただく、プレミアムなご朝食です。
広々した窓から差し込む明るい日差しと、四季折々のたむらの森の景色を楽しめるお席をご用意いたします。

季節を大事にしながら、地元のものを活用し、群馬の食のアピールに努めています。

四万の飲める源泉を生かした源泉粥や白米のお米をはじめ、こんにゃく・豆・野菜・肉類のほか、豆腐・牛乳・たまごに至るまで群馬にこだわった食材を選んでおります。
朝一番に飲まれる四万のおいしい水や、食後は四万のお水を沸かして淹れたお茶もごちそうのひとつです。
たむらの森のおいしい空気が、朝の食欲をさらにすすませます。

鯛の兜煮 2,700円(税別)
伊勢海老の素焼き半身 1,800円(税別)
お新香盛り合わせ 1,500円(税別)
春子鯛姿盛 3,500円(税別)
上州牛石焼き(135g) 3,500円(税別)
上州牛の源泉蒸籠蒸し(120g) 2,800円(税別)
岩魚の骨酒 1,800円(税別)
岩魚の塩焼き 1,200円(税別)

※表記料金はすべて税別料金です。※一例です。季節の別注もございますのでお問い合わせください。3日前までのご注文になりご希望に添えない状況もございます。

loading