料理長『峯田』のうんちくの記事一覧

2017年6月季節の別注料理

投稿日: 2017年06月09日

6月限定・季節の別注料理を二品、ご紹介いたします。 どちらも2000円(税別)山桜懐石と華会席プランで お申し込みのお客様にお楽しみいただけます。 「坊ちゃん南京スープ仕立て」   この時...


▼続きを読む

作成者: カテゴリー: 四万たむらからのお知らせ, 料理長『峯田』のうんちく

竹の子饅頭まりも揚げ

投稿日: 2017年05月11日

山桜懐石、桐懐石のお客さまの強肴(油もの)にお献立した「竹の子饅頭まりも揚げ」です。 燕の巣に見立てた丸十の細切り揚げの中に、まりもに見立てた青海苔衣の竹の子饅頭を入れました。 名残りの食材、旬...


▼続きを読む

作成者: カテゴリー: 料理長『峯田』のうんちく

源泉蒸籠蒸し

投稿日: 2017年05月10日

「源泉蒸籠蒸し」の季節の野菜の中に、今月は「しんとり菜」を入れました。 白菜と青梗菜の掛け合わせとか?しゃきしゃきして、でも柔らかく今が旬のお野菜です。 上州牛の旨味と一緒にお召し上がりください...


▼続きを読む

作成者: カテゴリー: 料理長『峯田』のうんちく

鯛の兜煮

投稿日: 2017年05月09日

「鯛の兜煮」は、ご滞在のお役さまにも、リピーターさまにも好評のお料理です。 特に五月の端午の節句に因み、桐懐石に献立しました。 兜煮をうまく煮付けてお出しできる旅館は、なかなかありません。 別注...


▼続きを読む

作成者: カテゴリー: 料理長『峯田』のうんちく

5月のお献立 端午のおもてなし

投稿日: 2017年05月06日

五月は「端午」 端午の節句をイメージしたお献立です。 鯛の兜煮をお出しできる宿は、そうそうないとか??? ぜひ、五月は、たむらの兜煮をご賞味にお出かけください。 (華会席・山桜懐石のお客様は、別...


▼続きを読む

作成者: カテゴリー: お上段だより, 料理長『峯田』のうんちく

春水のおもてなし

投稿日: 2016年03月16日

暖冬と言われた今年の冬は、厳しい寒さが遅れてやって来ました。 三月の声を聞いても、春まだ遠き感がいたします。 今月の峯田のお料理も、春爛漫とはならず・・・ それでも〈春水〉しゅんすいと呼ばれる雪...


▼続きを読む

作成者: カテゴリー: 料理長『峯田』のうんちく

名残のおもてなし

投稿日: 2015年09月14日

目にはさやかに見えねども・・・ 秋の気配は、そこここに。 明け方の明るくなる時間が遅くなったり、日中の日差しが少し遠くに感じたり。 今月の峯田のお料理は、不老長寿を願う菊の節句に因み、菊花の〈酒...


▼続きを読む

作成者: カテゴリー: 料理長『峯田』のうんちく

秋扇のおもてなし

投稿日: 2015年08月09日

立秋を過ぎれば、新涼の候・・・とご挨拶をしたいのですが、まだまだ暑さ真っ盛りの八月です。 古くは、涼しくなりついつい放りっぱなしになった扇子を〈秋扇 あきおうぎ〉と言ったそうですが、今は、四万でも...


▼続きを読む

作成者: カテゴリー: 料理長『峯田』のうんちく

白南風のおもてなし

投稿日: 2015年07月11日

梅雨の始まりには、墨絵のように雨に霞んだ四万の山々も、七月の声とともに白く明るくなりました。 この頃に吹く風を〈白南風しらはえ〉と呼びますが、季節にも色の変化を感じる、昔人の感性に驚きます。 今...


▼続きを読む

作成者: カテゴリー: 料理長『峯田』のうんちく

よひらのおもてなし

投稿日: 2015年06月11日

葩〈はな〉は花びらを意味し四葩〈よひら〉は四枚の花びらを持つ紫陽花をさすそうですが、それは額が変化したもので、丸く小さく咲くのが紫陽花の花というのは、ご存じのとおりです。 今月の峯田のお料理は、七...


▼続きを読む

作成者: カテゴリー: 料理長『峯田』のうんちく

1 2 3 4 5 6 12